【今さら聞けない】ふるさと納税の仕組みって?

こんにちは!たぬきちです😊

今日は「ふるさと納税」について詳しく説明していきたいと思います。

ここ数年で「ふるさと納税やってます!」という声をよく聞くようになってきたのではないでしょうか?

でも手続きもめんどくさそうだし、制度も詳しくわからないから「まあいいや」という方も多いのではないですか?

私もそう考えていた1人です。

ここではふるさと納税を始めたいと思ってるけど、始められてない方向けに詳しく説明していきます!

これから「ふるさと納税」について一緒に勉強していきましょう!


ふるさと納税の仕組み

好きな自治体に寄付ができる制度

「ふるさと納税」とは、みなさんの応援したい市町村(自治体)に寄付ができる制度です。

というよりもほしい返礼品がある市町村を探して寄付をしている方が多いですね(笑)

自分が本来納めるべき住民税をほかの地域に納めることになります。

寄付のお礼に返礼品をもらえる

ここ数年「ふるさと納税」が広まってきている、その一番の理由は返礼品があることでしょう👨‍👩‍👧

寄付を受けた自治体がそのお礼として納税者に送る品のことを「返礼品」といいます。

現在、ほとんどの自治体で地域の特産品であるお肉・お米・果物などを返礼品として送ってくれるようになっています。

自治体によって返礼品は様々ですので、選ぶ時間が個人的にとても楽しいです☺️

さらに寄付したお金が本来納める税金から戻ってくる

返礼品がもらえる上に、さらに寄付した金額の一部を本来自分が納める住民税・所得税を控除することができます!

控除される金額は、寄付をした金額の2,000円を引いた分です。

例)10,000円寄付した方→8,000円分の住民税が控除される

ということは実質2,000円で多くの返礼品がいただけるということなのです!

※「ふるさと納税」できる限度額は、所得額や家族構成などにより決まるので、限度額オーバーしないように注意してください!😈

税額控除を受けられない人

・所得のない子ども

・給与所得が103万円以下のアルバイトやパートをしている方

寄付金の使い道を指定できる

ふるさと納税では、寄付金を自治体がどのように使用するのか選択することができます。

ふるさと納税を納める際に、各自治体ごとにどのように寄付金を使用するか選択することができるのです。

絶対コレ!という選択肢がなければ、特に指定がない(自治体におまかせ)を選択してOKです!

選択肢の例)子育て支援・高齢者支援・災害支援・雇用・教育など

住民税控除について

先ほど説明した「ふるさと納税」をすると2,000円を引いた額の住民税が控除されるということについて、少し詳しく説明していきます!

住民税は1月1日に住民票の届出のある自治体に対して納める制度です。

住民税は昨年の収入に応じていくら納める必要があるのかが決まり、それを6月から翌年の5月まで支払っていきます。

そのため、「ふるさと納税」を10万円やってお高い返礼品をもらいたい!と思っても、自分の収入や家族構成によって控除の限度額が決まっているので、限度額以上の寄付をしても返ってきません!

そのため必ず寄付する前に「控除上限額シュミレーション」をして、自分の上限額を知ったうえで寄付するようにしてください!

私は楽天ふるさと納税のシュミレーターを参考に寄付しました!
やり方もわかりやすいので、ぜひ使ってみてください。

ふるさと納税の流れ

ふるさと納税の流れを簡単に紹介します👛


①自分が寄付できるふるさと納税の上限額を調べる

②実際にふるさと納税の返礼品を選んで注文する(寄付する)

③返礼品が届く

④必要な書類を提出して控除申請する

⑤翌年の税金が下がる


このような感じですが、めちゃくちゃ簡単な流れなので、詳しく知りたい方は下のリンクで詳しく紹介しているので参考にしてください。

私が実際に購入した返礼品の紹介もしているので、
参考にしてみてください!

よくある質問

ふるさと納税をするのにおすすめの時期やできない時期はありますか?

ふるさと納税の寄付を行う時期は、いつでもOKです!

好きな時期に寄付をして、翌年の住民税の控除が受けられるという仕組みになっているので、皆さんが寄付したい!というときに寄付して大丈夫なのです。

しかし、収入の変動が激しい方は控除の上限額も変動するため、1年間の収入の目途がつくであろう12月に寄付をすると無駄な自己負担額を減らすことができると思います。

ですが、10月~12月にかけては寄付される方の数がとても多い時期のため、お得な返礼品がすぐになくなってしまう可能性も高いです。

そのため1年を通して分散して上限額を超えないように購入することが一番大事となってきますね!

自分が住んでいる市町村に寄付することはできますか?

これは寄付することは可能ですが、返礼品はもらえないので注意が必要です!

返礼品を受け取らずに寄付をすることは可能ですので、なんとしてでも自分の住んでいる市町村に寄付したい方はぜひ!👍

まとめ

今回はふるさと納税の仕組みについて、説明していきました!

どうだったでしょうか?少し「ふるさと納税」について詳しくなり、やってみようかな!という気持ちが大きくなったでしょうか?

本当にお得な制度なので、ぜひ始めてみてほしいと思います。

ちなみに楽天ふるさと納税では楽天のポイントを利用して寄付することが可能ですし、返礼品の寄付した分の楽天ポイントもたまるのでおススメです!

楽天市場ではポイントアップのキャンペーンを毎月行っているので、そのタイミングでの寄付が一番お得だと思っています!

それではコメントお待ちしております~!😆