楽天ふるさと納税の始め方ガイド

今回は「ふるさと納税をやったことない」「やってみたいけどどうすればいいかわからない」という方に向け、わかりやすく説明していきます。

私は楽天ふるさと納税からふるさと納税を購入しています!

楽天ふるさと納税のおすすめポイント

・ふるさと納税で楽天ポイントがもらえる→セール中に購入すればさらにポイントUP

・楽天期間限定ポイントなどのポイントを利用して購入できる

このようなこともあり、私は楽天のふるさと納税から購入することを決めました。

ふるさと納税とは何?!という方は別の記事で詳しく紹介しますね!👩‍🏫

それでは実際に購入するまでの流れを紹介します!

自分の寄付できる上限額を調べてみよう

まずは、自分が「いくらふるさと納税に寄付できるのか」を把握することが大切です。

楽天ふるさと納税のサイトでは下にのせているかんたんシュミレーターを使って、パパっと上限額を知ることができるのでおススメです👩‍🏫

                                 

下記のリンクからかんたんシュミレーターを利用できます!  

https://event.rakuten.co.jp/furusato/guide/

シュミレーターを使う際の注意

・表示される金額はあくまで目安ですので、ご注意ください。より詳しい金額が知りたい!という方は税理士さんに頼みましょう。

かんたんシュミレーターで上限金額を把握することができたら、次のステップに進みましょう。

実際にふるさと納税の返礼品を選んでみる

それではさっそく、お楽しみの返礼品選びです!🙌

とはいうものの、本当にたくさんの返礼品が掲載されています。この中から何を選べばいいのか、一番お得なのはどれなんだろうと迷われる方も多いと思います。

私はネットで 
ふるさと納税 お得
と調べて返礼品を旦那と相談しながら決めました!個人的に食べたいものや、めったに食べれないものも選びましたよ!(食べ物ばっかり・・・🤤)
上限金額ギリギリまで購入するのではなく、少なめに購入するのがおすすめですよ!

人気ランキングから返礼品を探すことも可能です!それぞれのカテゴリー別のランキングも見れるので、一度見てみてください。

金額別の返礼品も見ることができます。「あと5,000円分買いたい」「あと7,000円分いいのないかな・・」というときに金額別で探してみることをお勧めします!👛


ちなみに・・私が購入した返礼品をいくつか紹介します👌


これはお米が返礼品となっています!しかも12kg!!!とにかくお得にお米をいただけますよ。🤤

主食はお米!の私たち夫婦にとってはほんとに最適な返礼品です。


そしてこれは旦那が「買いたい!」と言って購入した返礼品です😆

とにかくお肉すき!な私たち夫婦。冷凍して保存できるので、ごはん作るのがめんどくさい時に1食分できるのでありがたいですよね!

ふるさと納税の返礼品をかごに入れ購入する

購入する返礼品を選ぶことができたら、購入するだけです!通常の楽天市場でのお買い物と同様、かごに入れて購入してみましょう。

ふるさと納税の返礼品購入ページでは以下のような選択画面がありますので、それぞれ選択し寄付を申し込むをクリックしてください。(そうすることでカゴに入れた状態になります)

1.ふるさと納税専用のページです。注文内容確認画面に表示される「注文者情報」を住民票情報とみなします。

→「理解した」でOKです。

2.寄付金の用途を選択

→ご自身の寄付金を何に使ってほしいかを選択してください

3.ワンストップ特例申請書の送付について

→「希望する」を選択してください

4.出荷時期

→ご希望の出荷時期を選択してください


購入する際は楽天のポイントを使用して購入することが可能です!楽天の期間限定ポイントのおすすめの使用方法として楽天ふるさと納税でのポイント購入がおすすめですよ!

これで注文確定すれば、OKです!

ふるさと納税の返礼品が届くのをじっと待つ

あとはふるさと納税の返礼品が届くのを待つだけです!

早くて2週間、通常は1か月くらいで返礼品が届きます。

私は9月上旬購入で10月に入ってから続々と返礼品が届きました!
返礼品より早く、ふるさと納税を納めた市町村から封筒が届きます。それは確定申告に必要なので必ず保管しておきましょう!!

さて、私が購入した返礼品はこんな感じで届きました~!

冷凍庫がパンパンになりました(笑)夫婦でおいしくいただきます!

必要な書類を提出して控除申請する(これで終わり)

税金控除の申請には2通りの方法があります。ワンストップ特例制度と確定申告です。

それぞれ自分がどちらが対象なのか調べてから控除申請してくださいね!

ワンストップ特例制度

 ふるさと納税で寄付した自治体が5つ以下

 ほかに確定申告する必要がない方

という方はとても簡単なワンストップ特例制度で申請可能です!ワンストップ申請書に記入し、必要書類をまとめて送るだけで完了です👌

確定申告

 ふるさと納税で寄付した自治体が6つ以上

 ふるさと納税以外に確定申告をする必要がある(株など・・)

こちらは少しめんどくさい申請方法ですね(笑)

3通りの作成方法があり、自分の状況にあった方法で作成し税務署に提出し手続き完了となります。

私は寄付した自治体が5つなので、ワンストップ特例制度です!
ふるさと納税を購入するときにワンストップ特例申請書の送付を必ず希望するにしてくださいね!!

まとめ

今回はふるさと納税について記事を書いてみました。

数年前からふるさと納税について「やってみたいなあ・・」「でも申請とか確定申告めんどくさそう・・」と思って、結局しないままでした。

今年は旦那と相談し、「ふるさと納税やってみよう!確定申告も2人で協力してやってみよう」と旦那が言ってくれたので、始めることができました!

ぜひ躊躇っているそこのあなた!!!本当にお得な制度なのでやってみましょう。

以上、たぬきちでした!